HOME
生命保険の基礎知識
死亡保険の種類
生命保険の種類
保険会社の選び方
Q&A
死亡保険のメリットとデメリット
養老保険

死亡保険のひとつとして養老保険がありますが、これについてのメリットとデメリットについて紹介していきます。

まず、養老保険のメリットとしては、仮に保険料を支払い終える前に死亡したとしても、その後に払うはずだった保険料の分を保険会社が負担してくれるというところがあります。それに、満期になれば支払った保険金は返ってきます。

そのため、貯蓄性が高い保険であり、お金の面においては損をすることがありません。支払った金額と同じ額が返ってくるのでプラスマイナス0ということですね。これに対して、デメリットといえば、保険料がとても高いという点にあります。それに、保険料を支払い終えた後には、結局支払った保険料と同額を貯金していたと同じ扱いになるというところです。

この養老保険については、意見が人によって異なっており、保険会社が昔に作った、損をする保険なので解約するように、という人もいますし、二度と同じ条件で加入することができないのでやめないほうがいいという人もいます。養老保険を求めるのであれば、掛け捨てはいやでありながら、一生涯の保障がいるわけではないという場合や、保険料が高いとしてもお金を貯めたいという場合になります。

養老保険においては、契約した時点で満期が決まりますので、ある意味その期間貯蓄をしていると考えたほうがいいかもしれませんね。養老保険の場合は、万が一何かあったとき、何もなかったとき、どちらの場合にしてもお金がまとまって入るのが最大の特徴とも言えるでしょう。ただ、期間が過ぎたら無保証になるという点は忘れないようにしましょう。