HOME
生命保険の基礎知識
死亡保険の種類
生命保険の種類
保険会社の選び方
Q&A
死亡保険のメリットとデメリット
終身保険

死亡保険のひとつである、終身保険のメリットとデメリットについてです。まず、終身保険のメリットとしては、保険料の支払い時期が満期になったとしても、解約しなければ保障は一生涯続くという点になります。ですので、いつでも死亡保障が必要であるという人にとっては安心をもらえる保険だと思います。

また、仮に死亡保障が満期になったときに必要ないと思ったとしても、これまで支払ってきた保険料は全て戻ってきますので、損をすることがない保険となっています。これはうれしいところだと思います。これに対して、デメリットがあるとすれば、定期保険と比べてみると保険料が高いというところです。

これは当然といったら当然のことだと思います。そして、高い保険料を払っていたとしても、保障を一生涯続けたいと思うのであれば、保険料は一切返っては来ないというところがデメリットとして挙げられる部分だと思います。ただ、保険金そのものは解約すれば戻ってくる仕組みとなっていますので、それほど大きなデメリットというわけではないかもしれません。

保険料の高さを除けば、万が一のときに備えた十分にいい保険なのではないかと思います。終身保険の保険料は、保険会社によっていろいろと違ってきますので、終身保険を検討しているのであれば、まずは保険料がどれくらいかかるのかという比較を行うことをお勧めします。終身保険でも、保険料が払えなければ話にならないと思いますので、まずはこの部分からしっかりとするようにするといいでしょう。