HOME
生命保険の基礎知識
死亡保険の種類
生命保険の種類
保険会社の選び方
Q&A
死亡保険のメリットとデメリット
定期保険

定期保険のメリットとデメリットについてですが、まずはメリットは掛け捨てということで保険料はあまり高くなく、むしろ安いくらいというところです。ですので、ある一定期間のみに死亡保障をつけたいという場合において役に立つ保険となっています。

人間は生きている間に、この時期だけは絶対に死ぬことが出来ないという時期がひとつはあるものです。そういったときにこの定期保険を使うといいわけです。このタイプの死亡保険の使い方としては、子供がまだ手間のかかる時期に定期保険で保障をつけるようにして、手がかからない年齢になる頃に満期にするといった使い方です。

こうすることによって、自分の身に何かあったときにでも大丈夫にするというものですね。これに対して、デメリットといったら、保険料を払っている期間に死なないと保険金が下りないということが第一に挙げられますし、支払った保険料は一切戻ってこないという特徴があります。ただ、一生涯の保障は望んでいないし、保険料もたくさん支払うつもりはないという人にとってはとても便利な保険なのではないかと思います。保険料が戻ってこないというのは、他の保険と違うところではありますが、この部分については、基本的には戻ってこないものであると、しっかりと理解をしておくといいのではないかと思います。

総合的に見ると、メリットもデメリットもそこまで大きい保険ではないと思います。ちょっとかけておきたいという人には向いている死亡保険だと思います。