HOME
生命保険の基礎知識
生命保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
死亡保険の種類
養老保険

死亡保険の種類のひとつとして、養老保険があります。これは、終身保険と似たようなタイプの保険で、積み立てタイプの死亡保険となっています。養老保険の終身保険と違う点としては、満期になるまでの保険料の合計額と、死亡した際にもらう保険金の金額とが同じになるように払っていくというものです。

通常は保険金は死亡保障額と比べるとまだ安いものですが、養老保険は金額が同じため、保険料はとても高いものとなっています。満期になった時点でお金は全て戻ってくるのですが、その間に死んでしまった場合には、残りを保険会社が負担するといった仕組みになっています。

これだけ聞くと、あまりメリットがないように思えますが、実際には満期になる期間などをいろいろと決めることができますので、死亡保障のみならず、老後のためにも有効活用することができます。死亡保険金も満期の際の保険金も同じ金額ですので、貯蓄性としも一番高いと思われます。

その反面、終身型や定期型などの保険と比べてみると、保険料は高くなっています。定期保険のように掛け捨てはしたくないし、終身保険のようにずっとかけておくようなものでもない、満期になったらお金は戻ってきてほしいし、そこまで長い期間の保障は必要がない、といった人に対して、養老保険はいいのではないかと思います。

貯蓄目的であるならば、なおさらお勧めできるでしょう。養老保険については、各保険会社に問い合わせてみて条件をいろいろとチェックするといいでしょう。