HOME
生命保険の基礎知識
生命保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
死亡保険の種類
終身保険

死亡保険の種類のひとつとして、終身保険があります。この終身保険というのは、毎月保険料の支払いをしている間でも死亡保障がつくものです。それに、満期になった後でも保障は一生涯続きます。ですので、いつ死んだとしても保険金がもらえるといった死亡保険となります。

一生涯続くとなると非常にうれしいものですが、条件としては保険そのものを解約しないということが条件になります。ですので、当たり前のことですが、かけたお金は戻ってこないということを覚えておきましょう。ただ、掛け捨てと違って決して無駄にはなりません。そして、終身保険は、満期で解約した場合には保障はなくなってしまうのですが、それまでに支払ってきた保険料は全額返ってくるのです。

ですから、終身保険というものは、積み立てタイプの保険といってもいいかと思われます。このタイプの保険は、一生涯保障ということで、保険料は少し高めとなっています。また、保険によって内容は変わってはきますが、途中で解約をした場合には、解約払戻金を受け取ることができる場合もありますので、万が一お金が急に必要になってしまった場合にもそこまでの損をすることもありませんし、役立つこともあります。

よく終身保険についてのコマーシャルをやっていたりしますので、死亡保険のひとつとしての終身保険を選びたいのであれば、まずはコマーシャルをやっている会社からどういった内容の保険を取り扱っているのか調べてみるといいのではないかと思います。