HOME
生命保険の基礎知識
生命保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
死亡保険の種類
定期保険

死亡保険の種類のひとつとして、定期保険があります。この定期保険は、保険料の支払いをしている間に死んだ場合にのみ保険金がもらえるというもので、満期になると保険金はもらえない仕組みとなっています。ですので、特定の時期にだけ死亡保険をかけておきたいという場合に役に立つ保険です。

また、保険料については一切戻ってきませんので、掛け捨てタイプの保険といってもいいと思います。ですので、この保険に入ろうと思っている人は、期間中に何も起こらなければ保険金をもらうこともできませんし、かけた保険料も返ってはこないということは頭に入れておきましょう。保険というものは、何かあったときのためにかけておくもので、掛け捨ての定期保険といったら、本当に万が一のための保険としては典型的なものといえるでしょう。

満期で保証金がもらえないということで、貯蓄としても考えているのであれば、別のタイプの保険にしたほうがいいかと思います。ただ、あくまでも保険は一時的なものであり、ずっとかけることを考えてはいないという人にとってはいい保険なのではないかと思います。死亡したときにもらえる保障金額はいつも一定であるといったメリットもあります。

定期保険を扱っている会社はたくさんありますし、会社によって中身も違いますので、定期保険の契約をしようと思っているのであれば、まずはいろいろと探してみるといいでしょう。