HOME
生命保険の基礎知識
死亡保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
生命保険の種類
三大疾病保障保険

死亡保険をはじめとする生命保険のひとつに、三大疾病保障保険というものがあります。この三大疾病とは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中といった、日本人の死因の中で最も多いもので、これらを対象とした保険になっています。

これらの病気によって、保険の定める条件の状態になったとき、生きている間に死亡保険金と同じ額の保険金を受け取ることが出来るものです。この保険金を受け取った時点で契約は消滅します。万が一死亡してしまった場合には、死亡保険金を受け取ることが出来ます。

三大疾病保障保険には、定期タイプと終身タイプの2種類が存在します。ちなみに、保険金を受け取ることが出来る三大疾病の状態ですが、保険商品や生命保険会社によって違ってくる場合が考えられますので、事前に契約内容をしっかりと把握しておくことが大事になってきます。また、加入方法についてですが、主契約として契約できるものと、特約として他の保険に付加できるものがあります。

また、がん保険との違いは、入院の度に請求する必要性があるのですが、何度請求したとしても保険期間であれば、保障が継続します。これに対して、三大疾病保険であれば、一度請求したら保険金がまとまった金額入ってきますので、闘病期間中でもお金の心配をすることなく治療に専念することが可能になっています。しかし、保険料は、一般の保険よりも高額になっています。また、保険金を支払う段階になったときに、被保険者が自分の病名を知ってしまう可能性もあります。