HOME
生命保険の基礎知識
死亡保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
生命保険の種類
変額保険

死亡保険をはじめとする生命保険の種類のひとつに、変額保険があります。これは、保険金を株式や債券などに運用して、その運用実績によって保険金、解約払戻金が変わってくるタイプの保険となります。投資信託に近いものがありますが、ハイリスク・ハイリターンの保険といえるものです。

変額保険は、保険機能付き投資信託といわれています。保険のタイプは2つあり、ひとつは保険期間が一定となる有期型、保障が一生涯継続する終身型があります。もしも保険期間に死亡してしまった場合、基本保険金額は最低限保証されます。もしも変動保険金がマイナスになった場合においても、それは受け取ることが出来ます。

仮に死亡時に運用実績がよかった場合には、基本保険金に加えて、変動保険金を受け取ることが可能となっています。この保険において最もハイリターンと言える点は、有期型の場合に生存していると、満期保険金を受け取ることが出来るのですが、運用実績によって金額は変動し、最低保証もありません。

基本保険金額は、運用実績により基本金額を上回ることもあるのですが、下回ることもあるのです。ちなみに、解約払戻金も同様で、最低保障はありません。この変額保険は、通常の定額保険と比較すると、割高となっています。もしも資産運用をしたいのであれば、変額保険を利用しなくても、投資信託を購入すればいいことですし、保障は別にして普通の定額保険の契約をするのがいいかもしれません。