HOME
生命保険の基礎知識
死亡保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
生命保険の種類
がん保険

死亡保険をはじめとする生命保険のひとつに、がん保険というものがあります。このがん保険は、がんによって入院した場合、特定の手術を受けた場合に給付金を受け取ることが出来る保険です。万が一死亡してしまった場合、死亡保険金を受け取ることが出来ますが、金額はそれほど多くはありません。

がん保険のタイプによっては、がん診断給付金、要領給付金を受け取ることが出来るものがあります。この保険には、定期タイプと終身タイプがあります。注意しなければならない点としては、がんの種類によっては給付金を受け取ることが出来ない場合もあるという点です。

がんの保険がなぜあるのか、というところについてですが、がんの治療費は非常に高額になる可能性があるからです。例えば、重粒子線治療というものが、がんの治療法のひとつとしてあるのですが、この治療はかなり高額になっており、1回で300万円以上の費用がかかってきます。また、白血病の治療もかなり高額で、500万円以上になることもしばしばあるようです。

更に、がんの怖いところといったら、再発の可能性が場合によってはかなり高いところです。もちろん、がんの再発があれば、治療費も当然かさんできます。このようなところから、がんの専用保険があるわけです。そのため、通常の保険であれば、入院給付の上限は120日くらいの場合が多いのですが、がん保険の場合であれば、720日までは保険金の支払いを認めているなど、入院に対する保障は手厚くなっています。