HOME
生命保険の基礎知識
死亡保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
生命保険の種類
個人年金保険

死亡保険をはじめとする生命保険のひとつに、個人年金保険というものがあります。これは、現在の小子化が進む現代においては、もはや仕組みそのものに無理が生じてきており、公的年金だけでは生活をすることが困難な状況になってきていることから、老後における生活資金を自力で準備することを目的としたものとなっています。

個人年金保険は、契約時に定められた年齢より、5年、10年、または終身といった期間、年金を受け取ることが出来る保険となってきます。老後の生活資金は、国民年金をはじめとした公的年金がありますが、年金を受け取ることが出来る年齢になる前に死亡してしまったとしても、死亡給付金を受け取ることが可能となっています。

しかし、金額は払い込み済みの保険料相当の金額になるため、あまり多くはありません。この保険には、あらかじめ将来受け取ることができる年金額が決まっている定額個人年金保険、それから運用実績によって受け取ることが出来る年金、解約払戻金、死亡給付金の額が変わってくる変動個人年金保険の2種類があります。変動個人年金保険は、いってみれば投資信託の機能がついた保険といってもいいくらいのもので、保険の中ではハイリスク・ハイリターンの保険となっています。

ちなみに、個人年金保険で受け取れる金額については、契約時に定められた基本年金、そして、年金の支払い開始前の配当金で決まってくる増額年金、年金の支払い後の配当金で決まってくる増加年金の3種類を足した金額を受け取ることが出来ます。