HOME
生命保険の基礎知識
死亡保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
生命保険の種類
医療保険

死亡保険をはじめとした生命保険の主契約のひとつに、医療保険があります。医療保険とは、病気や怪我をしてしまい入院しなければならなくなった場合、定められた範囲の手術を受けた場合などに、給付金を受け取れる保険となっています。万が一死亡してしまった場合においても、死亡保険金を受け取ることが出来ます。

しかし、金額はそれほど多いものではありません。医療保険には、定期タイプと終身タイプの二種類があります。ちなみに、一口に医療保険といっても、サービス内容は会社によって異なってくる部分が多いことは確かです。例を挙げてみると、特定の疾病に対して的を絞ったような医療保険もあります。

とにかく保険は重要なものですし、それに対して保険会社もさまざまなサービスの提供をしてきますので、どれを選んだらいいか分からなくなることもあると思います。ですので、しっかりと内容を吟味して、自分にとってぴったりの保険を選ぶことが出来るようにしましょう。

また、医療保険は、単独の契約となるものですので、かけている保険の内容、コストが把握しやすいというところもまた、重要なポイントになってきます。なので、保険の契約の前には計算を十分に行って、コストはどれくらいかかっているのか、そのコストに見合うだけの給付金がもらえるのか、終身保険である場合には解約払戻金が戻ってくるのかについても確認しておくことが大切です。いざというときに医療保険は必要となるかもしれませんので、よく考えて加入するようにしましょう。