HOME
死亡保険の種類
生命保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
生命保険の基礎知識
保険料と配当金について

死亡保険をはじめとした生命保険に加入した場合、保険会社に保険料を支払うことになります。では、生命保険の保険料と配当金の仕組みについて見てみることにします。一般的に生命保険の保険料とは、純保険料、付加保険料の2つで構成されています。そして、具体的には純保険料は死亡保険金として使われる死亡保険料と、満期の際に支払われる生存保険料から構成されており、予定死亡率と予定利率から算出されます。付加保険料については、保険会社の事業経費で構成されており、予定事業費率から算出されます。

一般的に予定死亡率が低ければ保険料は安くなりますし、予定死亡率が高い場合においては保険料は安くなります。そして、予定利率が高い場合は保険料は安くなり、予定利率が低い場合には保険料は高くなります。それから、予定事業費率が高い場合は保険料は高くなりますが、予定事業比率が高い場合には保険料は高くなります。

ですので、保障内容が仮に同じだとしても、予定死亡率が低い若者向けの商品、予定利率が高いときに販売されたもの、または通信販売などに代表される事業経費が少なくて済むような商品であれば、支払いに必要な保険料はその分だけ安くなります。また、死亡者数が当初の予定より少ない場合、運用にかかる経費が少なかったり、収入が予定されているものよりも多かったりした場合、決算後に余りが出ることになりますので、その中から配当金を受け取ることが出来る仕組みになっています。