HOME
死亡保険の種類
生命保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
生命保険の基礎知識
保険金の請求

日常生活において、万が一何かあったときに備えて死亡保険などの生命保険に入ります。一番いいのは、何もないままに契約期間が終了することですが、その万が一が起こってしまった場合には、保険金を請求することになります。一般的には保険金などは請求しない限りは受け取れません。

また、状況次第でも受け取れない場合があります。そのために、万が一の事態に備えて、保険金をどのような手順で請求するかについて確認しておきましょう。まずは、どのような場合に保険金を受け取ることが出来るのかをあらかじめ確認しておきましょう。

そして、万が一が発生してしまった場合、契約者か受取人が保険会社に連絡し、必要書類などを受け取る案内をうけます。それから、受取人が支払い請求についての書類を保険会社に提出します。これを受けて、保険会社が支払いをどうするかを判断します。

支払いが可能であれば、保険金を受け取ることが出来ます。また、保険金には請求できる期間があるので注意しましょう。それから、死亡保険金の支払われないケースとしては、保険開始日から1年または2年以内に死亡した場合、保険金の受取人、または契約者が被保険者を故意に死亡させた場合、戦争、犯罪行為などが原因で被保険者が死亡した場合などです。

契約内容によっては、これ以外にも保険金が支払われないケースがあります。それから、保険会社によって、受け取りに関する取り扱いが若干異なることも覚えておきましょう。