HOME
死亡保険の種類
生命保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
生命保険の基礎知識
保障額の増減について

死亡保険をはじめとした生命保険の保障額についてです。まず、生命保険の保障額を減らしたい場合には、今契約している保険を解約しないで、新しい保障内容に変更できる、契約転換制度というものがあります。それから、保険金額を減額できる、保険金減額制度というもの。この制度により減額した分は、保険料の負担も軽くなりますし、減額部分に対しては、解約辺戻金の支払いがあります。そして、保険料の払い込みをやめて、そのときにもらえる解約辺戻金を元にして、現契約の保険金額のみを減らすようにする制度である、払済保険への変更という制度もあります。

これについては、保険期間の変化はありませんが、つけていた特約は消滅します。また、今契約している保険を解約、新たに別の契約を新規で行って、保障の確保をするようにします。保障額を増やしたいのであれば、新たに特約を追加して、保険料の増額をする特約の中途付加制度というものがあります。それから、特約が付いている保険に対して、更に定期保険特約を上乗せする制度もあります。

これについては、保険金額は変わりませんが、ついていた特約はなくなります。増額した保険料については、転換時の年齢、保険料率で計算されます。そして、現在加入している保険を解約、新規で契約をすることで保障額を増額する方法などがあります。解約はあくまでも最終手段となりますので、保障額の増減をしたい場合は、まずはそれ以外にできることはどういったことかを考えてみるとどうするかが分かると思います。