HOME
死亡保険の種類
生命保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
生命保険の基礎知識
加入方法

死亡保険をはじめとする生命保険に入るにはどうすればいいのでしょう。まずは、誰に対する保障か、誰が保険料を支払うのか、そして保険金を受け取るのは誰か、についてを決定するようにします。

そして、それに対してどれくらい保障が必要なのかの検討をします。これについては、遺族が生活していけるだけの資金、子供がいれば、教育資金などの合計となる、将来予想される出費総額から、さまざまな方面からの将来における予想収入総額を差し引くことで保障額がどれくらい必要となるのかを算出するようにします。

そして、その保障はいつ必要となるのか、貯蓄性は必要なのかといったことも同時に検討するようにします。一般的な生命保険においては、主契約と特約から必要な保障を得ることが出来るように組み合わせを検討していきます。ちなみに、保障内容によっては、単体の保険でカバーできる場合もありますので、総合的に判断をしなければなりません。

特約については、あくまでもオプションであるために、絶対につけなくてはならないということはありません。加入するための下準備として、これらのことを行う必要性があるのですが、実際に保険に加入しようと思ったときには、ここで自分が求めているだけの保障をしてくれるような保険会社を探すことが最も大変で、大切なことかもしれません。ひとつの内容だけに囚われることのないように、あくまでも満足のいく保険契約ができるようにするといいでしょう。