HOME
生命保険の基礎知識
死亡保険の種類
生命保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
海外でも保障されるか

死亡保険などをはじめとする保険は、海外でも保障対象になるのでしょうか。基本的に病気や怪我によって海外で入院した場合においても、一般的な医療保険、または生命保険についている入院を保障する特約は、保障対象になります。ただし、日本の医療機関と海外の病院が同等であると、保険会社が認めた場合に限ります。

それに加えて入院の証明をする書類が必要になりますので、十分に注意しなければなりません。また、海外で長期滞在をする場合において注意するべきことがあります。それは、毎月の保険料の支払いです。これまで支払いを行っていた銀行口座の残高をしっかりと管理しておかないと、保険料が支払われていないことにより、いざというときに保険が使えなくなっているということになる可能性があります。

保険会社にもよるのですが、海外の口座が指定できることもありますので、海外にある程度長期間住む場合は保険会社に確認しておくといいでしょう。それから、海外勤務が決まってから保険に加入する場合にも注意しなければならないことがあります。これについては、保険会社によって変わってくるのですが、国内在住でないと駄目といった加入条件を設定している会社もあります、特に、数年以上の滞在期間、社会的不穏地域などに渡航しようとしている人についての加入は、特に厳しいとされているようです。

せっかく加入した保険ですから、出来たら引き続き使いたいものですよね。海外にいく可能性がある人は、しっかりと海外でも保障される死亡保険を選びたいものですね。