HOME
生命保険の基礎知識
死亡保険の種類
生命保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
支払いが困難な場合は

死亡保険をはじめとした生命保険には、当然の義務として、毎月保険料の支払いをしなければならないのですが、それが困難となってしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。方法としては、まずは延長保険に変更するという方法があります。それから、払済保険への変更です。これらに変更すると、保険料の支払いはなくなります。

それから、保険金減額制度というものがあり、これを行うことで保険料の負担は減額した分だけ減ることになります。そして、保険料の払込期間の延長をすることでも、保険料の負担は減ることになります。後は、自動振替貸付制度というものがあって、今契約中の保険の解約辺戻金の範囲内で、保険料を保険会社が立て替えてくれる制度になります。一時的に保険料を支払わないで済みますし、契約内容も変わりません。

生命保険というものは、どうしても払い続ける期間が長くなるため、一時的でも払うことが出来なくなることがどうしても起こると思います。しかし、そういった場合においても、決して保険を放棄するといったことはしないようにしましょう。まずは、上記の制度を試してみるなどして、保険を出来るだけ継続できるようにしましょう。せっかく契約した保険ですし、使える制度は使うといいかと思いますよ。

それでも、どうしても無理ならば、収入が安定して保険料を払えるようになるまで保険はやめておいたほうがいいかもしれませんね。毎月の保険料はそれなりに高額になると思いますから。