HOME
生命保険の基礎知識
死亡保険の種類
生命保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A
死亡保険の賢い選び方とは

家族が亡くなったという、突然よくないことが起こった場合、気は動転してしまいますし、どのようにすればいいか分からないといった状況になることはあり得る話だと思います。

しかし、人が死んだあとには医療費、葬儀代の支払いをしなければなりません。人が死亡した場合、その人名義の預貯金は一時的に凍結されてしまいます。亡くなる可能性が出た段階で家族が預貯金をおろす際にも、名義人に意識があるかどうかを確認されます。万が一何かあったときにはお金は必要になるものです。そういったときのために、万が一にも慌てることのないように加入するのが保険なのですが、賢い選び方はあるのでしょうか。

死亡保険による死亡保障は、2つに分けて考えるようにしてみましょう。まとまった大きな保障の確保がしっかりと出来るといったことを考えるのであれば、定期保険を選ぶのがいいでしょう。定期保険といったら、それに対して、葬儀費用などの万が一の場合、一時金として必ず必要となる資金の準備にいいのが終身保険です。この二つは、定期つき終身保険としてセットで出ています。

定期保険に関しては、更新のときの年齢によって保険料が高くなっていきますので、無駄にならないように、企業内保障や貯蓄でどれくらいまかなえるのかについてをきちんと把握しておくようにしなければなりません。一方、終身保険については、基本としては葬儀費用として考えるのがいいと思われます。

費用としては、安くても300万円からかかってきます。これらを預貯金から用意するのもいいかもしれませんが、亡くなった人の通帳は凍結されてしまいますが、終身保険ならば加入した翌日でも保障が大きいと思います。終身部分で保険料を少しでも安くしたいと思うならば、変額終身保険がお勧めとなります。